冗談でしょ?チャイナインベイジョンが「4つ星」の納得価格です

かなり以前に情報番組で広大な土地に中国領事館を建設する問題を扱っていた記憶はあるが!危機感はまったくなかった。日本侵蝕とは言い得て妙。読みやすく、電車の中で一気に読み始めました。

こ、これですっ♪

2017年03月29日 ランキング上位商品↑

チャイナインベイジョンチャイナインベイジョン [ 柴田哲孝 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

次は矢板のことも掘り下げてぜひおねがいしたい。。実在の地名、人名、事件等を巧みに使い、危機管理意識が希薄な政治家、政府、自治体などの複合要因から中国に付け込まれていくフィクションを構成する筆致で、物語世界に引き込まれる。終章では漫画『空母いぶき』の防衛出動シーンが頭に浮かんできた。柴田さんらしい作品だと思います。すぐそこにある恐怖を感じた。