ゴランノスポンの感想とレビューならココッ |

。表題作「ゴランノスポン」が「ご覧のスポンサーの……」からという解説にショックを受けた。「ゴランノスポン」は「ご覧のスポンサー」の事らしいです。

コスパ最強と噂の♪

2017年03月29日 ランキング上位商品↑

ゴランノスポンゴランノスポン [ 町田康 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

読み出したら止まらない。カバーの奈良美智の絵から「ゴランノスノポン」という変な単語が頭の中に何度も出てきてしまった。猫エッセイの文体そのままに、不条理な世界の短編小説が7編収録されていた。町田康の文章を読む度に!「作家になりたい!」と文章表現を一句一句勉強している人達は!どのようにこれを読むのだろうとへんな事が気になる。そんなちょっとへんな私にとって、もう少しへんな人々を、でも貴方の隣人ももしかしたらこんな人かも、という人々を、描いたちょっぴり怖ろしい作品。難しい単語が、ルビもなしにポンポンでてきて、これまた大変だったな。昔読んだ筒井康隆を思い出す。著者の小説、初読み。